ウーバーイーターでUberEATSをもっと便利に

「UberEATSで注文したいけどどんな食事が届くのか不安…」

「大盛りやトッピングしたけどどれくらいの量か気になる…」

「食事をするのに配達料も払うんだし失敗したくない!」

そんなUberEATSの悩みをUberEATER(UberEATSを食べてる人)が解決します。

実際に届いた食事を写真や食べた感想などの評価付で紹介しているので、失敗することはありません、安心してUberEATSで注文できるようになりますよ。

UberEATSがお得になる方法はこちら

ウーバーイーターはUberEATSレビュー記事がたくさんあります!

この商品レビューを見る この商品レビューを見る この商品レビューを見る この商品レビューを見る この商品レビューを見る
この商品レビューを見る この商品レビューを見る この商品レビューを見る この商品レビューを見る この商品レビューを見る
この商品レビューを見る この商品レビューを見る この商品レビューを見る この商品レビューを見る この商品レビューを見る

当サイト「ウーバーイーター」は、これまで宅配注文したレストランの食事レビューをたくさん掲載しています。

記事総数は100以上。レビューした食事をそれぞれランキング形式でもまとめていますので是非参考にしてみてくださいね。

UberEATSとは

UberEATS(ウーバーイーツ)とは、「レストランの食事を宅配注文できるフードデリバリーサービス」です。

日本でいう出前館や楽天デリバリーなどと同じサービスになりますが、運営は日本企業ではなく、米国シリコンバレーにある配車サービス大手の「Uber」の日本支社です。

アプリを使って好きなレストランや居酒屋などから選んで注文をすると、アプリに登録されている自宅または指定箇所に商品を届けてくれます。

2016年9月に東京の一部地域からスタートし、横浜、川崎、京都、大阪、神戸、名古屋、福岡、千葉と一気に拡大しており、更に増える見込みです。

大手チェーン店も続々参入

UberEATSが日本でサービス開始となった2016年頃は、まだ地域のレストランが数店舗しかありませんでした。

しかし、徐々に有名チェーンの居酒屋やレストランがUberEATSへ出店しており、現在も拡大し続けています。

⇒UberEATSのレストラン一覧はこちら

UberEATSの配達手数料が一律380円から変動制へ改善される

UberEATSは2016年9月〜2018年4月頃まで一律380円の配達手数料となっていましたが、同年5月に配達手数料を一律から変動制へ変更しています。

<配達手数料の変更>

一律380円⇒変動制

この変動制というのは、主に、配達手数料は距離や配達パートナー数に基づいて算出されるほか、混雑時の時間帯になると変更されるシステムのようです。尚、変動制による金額の算出方法は明らかにされていません。

目安の金額は以下になります。

※2019年1月現在/渋谷区の場合

110円・230円・420円・530円・560円・620円・760円〜1040円

配達手数料を安くして注文するための時間帯やポイント

経験上、最も安い配達手数料(110円)で注文するためには、「配達パートナーが余っていて、近場のレストランであり、空いている時間帯」で注文するのが1番です。

つまり、昼食時や夕食時を避けた時間帯【09:00〜11:30/14:00〜17:30/21:00〜24:00】がおすすめ。

あくまでも経験則で言うと110円で注文できるお店や時間帯は上記以外もかなり多い印象があるので実際にアプリを使って確認してみましょう。

⇒UberEATSをダウンロードする

UbrEATSの仕組み

UberEATSの仕組みは、システムと含めるといくつか複雑な点もあるのでここでは割愛しますが、「宅配できる人のいないレストランと自宅で美味しい食事をしたい人を結ぶサービス」と考えると良いかもしれません。

UberEATSで注文できる時間帯(営業時間)は09:00〜24:00です。

この時間帯であればUberEATSが委託する配達パートナーが常に待機していますので、レストランに注文が入れば、レストランの近くにいる配達パートナーに配達リクエストが通知され、通知を承諾すると、注文者の自宅まで配達する流れになっています。

UberEATSの独自システムで効率的な配達が可能

配達リクエストには注文を受けたレストランと配達先住所、効率の良いルートがスマホアプリへ送られるシステムになっており、配達パートナーが配達先まで道に迷うことなく届けてくれます。注文から到着までおおよその目安時間20〜50分で料理が届けられます。

注文したら配達状況をリアルタイムで確認できるのもポイント

アプリを使って料理を注文すると、レストランへの注文確認、料理の準備、配達中、到着予定時間とステータスを常時確認できます。

特に、他の宅配サービスとは異なり「配達中」のステータス時にマップ上で配達パートナーがどこにいるかをリアルタイムで確認できるのは魅力的な機能の1つと言えるでしょう。

 

UberEATSの配達可能エリア

2019年1月1日現在、UberEATSは

東京都内、さいたま市中心部、横浜市中心部、川崎市中心部、大阪市中心部、京都市中心部、神戸市中心部、名古屋市中心部、福岡市中心部です。

今後、千葉、神奈川でもサービス開始予定となっており、配達パートナーの募集は開始しています。

上記エリア以外でもUberEATSの配達可能エリアは順次拡大予定となっています。

エリアマップ

 

 

⇒UberEATSの配達エリアはこちら

 

UberEATS注文時の決済や支払方法について

UberEATSの決済方法は「クレジットカードのみ」です。

UberEATSのアプリに登録することで注文時に商品+配達料を含めた金額を決済できます。

対応のクレジットカードはVISA、JCB、Masterカードのほかデビットカードも可能です。

 

⇒UberEATSの支払方法はこちら

 

 

UberEATSでお得に注文する方法

UberEATSにはお得に注文できる方法があります。

クーポンやプロモーションコードで初回注文から割引できる

1つ目の方法は、クーポンやプロモーションコードを利用することです。

UberEATSの利用が初めてなら初回注文から500円割引2回分を使えます。

■髭猫のクーポンコード

eats-rb0Kl

※0は数字のゼロ、最後はl(エル)
※今なら500円×2回分を割引できます。(2019年1月10日現在)

⇒UberEATSクーポンの使い方はこちら

⇒UberEATSクーポンが使えない場合はこちら

キャンペーンを利用する

これまでUberEATSではキャンペーンを定期的に行っている傾向があります。

ほんの一例を紹介すると

【1】配達手数料無料キャンペーン

【2】マクドナルド+ガスト+松屋などの商品半額キャンペーン

…などがあります。

これらのキャンペーン開催時に料理を注文すれば、通常よりもお得に食事をすることが可能。つまり、アプリを入れておくだけでも損はありません。

 

UberEATSの配達パートナーになるためには

UberEATSでは注文商品を届ける配達パートナーになることもできます。

自転車やバイクを使って届けることで、1件毎に成果報酬が得られます。

⇒詳しい収入金額や時給はこちら

 

UberEATSの配達パートナーは、UberEATS従業員やアルバイトではなく、誰でも簡単に始めることができます。配達パートナーになると自転車やバイクを使って届けるだけで1件あたりの成果報酬を得ることができます。

誰でも自分のスマートフォンに専用アプリをインストールしてオンラインにしておくだけで注文が入るようになり、受けた注文の分だけ報酬を得ることができます。

⇒配達パートナーの登録方法

⇒配達パートナーセンター一覧

面接場所

自転車やバイクは必要?

時給と報酬